スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -| - |
<< 帰国後 | トップ | 夏休み >>
夏休み

およそ半年ほど飛ばして、私の夏休みを忘れないうちに記録しておこうと思います。


私は某ホテルで働いています。なので夏休みは世間の皆さまとはだいぶずれています。
でも今年は運よくちょうどお盆が終わったあたりにとらせていただきました。まぁちょっとずれてるけど。


年に二回ある9日休みは必ずどこかへ出かけています。
今年はどこへ行こうかと思いましたが、迷わず韓国!!!!
でも親になんて言おー・・・春に行ったところなのに・・・・
そうです、私約半年間親に韓国人の人と付き合ってることを伝えてなかったのです。



いや、私、察知してましたよ。そりゃあねぇ、20余年も一緒に暮らしていると。
うちの両親、韓国人に偏見がかなりあります。そして嫌いです。←こんなにはっきり書いてるけど、ほんまそれです。



はい、困った・・・



でも私の中の意思は固いのです。どうやってでも韓国に行きたかったのです。どうしても彼に会いたかったのです。


うちの母親、アジア人にはかなりの偏見を持っており、(まぁ父親もしかりですが)とても厄介です。
そのくせ、白人大好きです。私にとってはアジア人は面白くって素敵な人たち。自分もアジア人やんって突っ込みたくなりますが、日本人は特別なんでしょう。私はそんな考えがむちゃくちゃ嫌いです。



それは彼氏が韓国人やからとかいう以前に、私が大学時代を通して見てきた人々はみーんなどこの人も関係なかったんです。だってうちの学校半分外国人やったから、そんなんゆうてたら、友達できへんし、人間として狭なるて感じてたんで。



まぁそんな私の理想とかそんなんどーでもええか。




ほんでね、うちの母親と弟はこの夏カナダへ親子留学へ行ってました。



そこで滞在先に電話して大学の友達に会いに韓国に行くと告げました。そしたら、「は!?何しに?」とは言ったものの勝手にしろと言われて「わ〜い」と思っていました。



でもでも・・・そうではなかったのです。



出発前日に浮かれながらも準備しつつ、彼にももうすぐ会えるなぁ♪と電話してたのです。


私が行くと決めた後に「じゃあ鮎がきたらいろんなことしたいし、バイトするね!!」と言って毎日12時間くらいソーセージ工場でバイトしてくれました。日当約4000円・・・・安!!!!!!



毎日くたくたになりながら働いていました。もういやだ〜と言いながらも私のために働いてくれました。




あ、彼は事情があって今職についていません。それはまた後日に書くので楽しみにしておいてください♪といってもこんな愚ブログ誰も見てないと思いますがね(苦笑)



そんなこんながあって出発が前日まで迫ったのですが・・・

- | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
- | 01:07 | - | -| - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://i-love-dct.jugem.jp/trackback/8